むきむきティータイム

むきたまの公式ブログ、むきたまのプライベートやここでしか見られない写真や、最新情報などを本人の生の声で綴ります。

つぶやこうとして我慢した 2017/6/1~6/30

内田真礼ちゃんと野球観戦して飲み屋で感想をひとしきり話した後、酔った勢いでセックスして、なんとなくな感じで付き合い始めたい。 6/1 1:30


郁原ゆうちゃんに口淫されている時、歯列矯正器具で僕の陰部を傷つけられたい。 6/4 15:27


コスプレ セクキャパで働いている花守ゆみりちゃんと全裸でいちゃいちゃする極上の夢を見ました。ゆみりちゃんのたわわな房を堪能しました。…花、守れてませんでした。 6/6 12:27


優木かなちゃんの巨乳を妊娠させたい。妊娠するまで試させて欲しい。新しい人類の進化。 6/13 5:14


茨城出身の女の子に精液を搾り取られている今日この頃なので、茨城は淫魔の生まれどころか何かかな。 6/13 19:06


最近まで伊藤美来ちゃんが対象だったのに、数週間前から豊田萌絵ちゃんが対象になるから、スタイルキューブの女性声優ちゃんたちは素敵だ。これからも日々、数ccを捧げていきます。 6/22 4:15

 

2017年も7月になりました。あっという間に半年ですね。みなさんはこの半年で偏差値をどれくらい落としましたか?

さて、むきたまニアの方はご存知でしょうが、当時(2007/6/27~2008/12/31)「生涯 嗣永桃子」というタイトルのブログを続けていたぐらい嗣永桃子ちゃんの熱狂的なファンでした。
そんな嗣永桃子ちゃんが先月6/30をもって芸能界を引退することになりました。

奇しくも6/30 同日、このブログのタイトルの元になっている小倉唯ちゃんの所属していたユニット ゆいかおりちゃんが音楽活動を休止ということで、事実上の活動停止となりました。

ちょっとだけセンチな気分の6月最終日でした。

酒を浴びるほど飲みながら天ぷらと鰻を食べ、ろくでもない話をしていましたが…。

 

そうそう、2回に渡って投稿した金沢のライブレポートが一部で好評だったので、話題が出来たり気が向いたりしたらまた投稿したいと思いますので気長に待っていてください。

6月は15回でした。

前回のラブライブ!サンシャイン!!

Aqoursの活動を複雑な気持ちで見ていた果南。
復学した果南はAqoursへのリターンを拒否したの。
「東京のイベントで果南さんは歌えなかったんじゃない。わざと歌わなかったんですの。」
そこには果南の本当の想いが。
「ハグ…しよ?」
こうしてAqoursはついにパーフェクトナインとなった喜びからか、むきたまは金沢でデリヘルを呼んでしまう。
エレベーターを降り始めたむきたまがそこで出会ったものは…。

 

さて、前回の続きになります。


ホテルの下に女性が着いたとの連絡をもらい、華やぐ心を抑えきれないままエレベーターで1階へ。

1階に着きエレベーターの扉が開きます。

受付担当の話では「3サイズは88・56・87」とのことでしたが、目の前にいる女性はどう甘くみても 3サイズが95・85・90 以上。ドラえもんかな??

つい反射的にエレベーターの扉を閉めようと思ったのですが、そこはプロ、名前を確認され一緒にエレベーターへ。
エレベーター内、笑顔で会話を数回往復しましたが心は泣いていました。いや、無の心でした。


部屋に到着。

ちょっと明るくしていた部屋の照明ですが、すぐに一番暗い設定へ変更。

エチケットをわきまえ歯磨きをして部屋を出た僕ですが、テーブルに残っていた缶ビールをおもむろに数口あおり、アルコールに背中を押されながら女版 喪黒福造と会話を続けます。
金沢弁を聞いていると、ライブ公演中の洲崎綾ちゃんを思い出し、ほんのちょっと元気になりました。

一通り他愛もない会話をした後、服を脱ぎバスルームへ。


バスルーム明るいな…。


ですが、幸い眼鏡を外しているのでほとんど見えません。視力が弱くて本当に良かった。
バスルームの壁を見つめている僕の体を一通り洗ってもらい一足先にベットへ。


程なくして名も忘れた女性がバスルームから出てきました。ベッドの上で仰向けに打ち上げられた活け締めマグロのような僕。そんな中、調理が開始されました。

テンションはほとんど上がらないまま始まったわけですが、数十分前まではムラムラが止まらず性欲は頂点に達していたので、悲しいことに体は素直に反応してしまいます。

さっさと出して終わらせて早く寝たいな、なんて思っていたら「私、入れるの好きだから」と5分も経たずに本番を求めてくる配達嬢。

「まあそれくらいはしてもらわないとね。」と思いつつ、「おまえ本当は省エネプレイしたいだけだろ!」とも思う僕。

そんなわけで、攻守交替で今度は僕が上になり正常位開始。

ベットに両腕をつき出来るだけ体を密着させないまま、眼を瞑り一心不乱に腰を振りながら、自慰行為でお世話になっている女の子たちを頭に思い浮かべます。

麻倉ももちゃん、雨宮天ちゃん、小倉唯ちゃん、郁原ゆうちゃん、高野麻里佳ちゃん、田所あずさちゃん、藤井ゆきよちゃん、、、文字数制限と僕の名誉を守るため全員の名前は記載しません。五十音順。

脳内画像フォルダをフルオープン シャッフル再生にして、目の前の人間オナホールを使って、性行為いや自慰行為というべきなのか奇妙な行為を続けます。

途中から濡れはじめてきて、なんてリアルなオナホールなのだろうと思いました。

とはいえオナホールとしては優秀なもので、しこたま酔っていながらでも無事射精に達することが出来ました。


いつもお世話になっている女性声優ちゃんたちのおかげで頑張れた。

金沢のことを少し嫌いになるところだったけど、みんなのおかげで、これからも変わらず金沢のことを好きなままでいられます。

ありがさんきゅー。これからもたくさんお世話になります。


射精した後、終わりの時間まで裸のまま取るに足らない会話をしていましたが、早く帰ってくれないかなと心ここにあらずでした。

時間がきて部屋を出ていくオナホールを見送り、ようやく就寝。


そんなこんなで、金沢初日の夜は更けていきましたとさ。

つぶやこうとして我慢した 2017/5/1~5/31

全裸の藤井ゆきよちゃんと大きめの水鉄砲を使って、水をかけあうというドエロい夢を見ました。水をかけあうといっても、ほぼ無抵抗なゆきよちゃんに対して一方的にかけていました。お漏らししなくて良かったです。今夜か明日はゆきよでしたいと思います。 5/13 11:19

 

5月はまさかの1つぶやき。

田所あずさちゃんのライブ・イベント、「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」石川公演に両日参加して脳を鍛えたはずなんですが、この体たらく。

そこでここを愛読しているごくごく一部ファンの方のために特別なレポート記事を投稿しようと思います。


前述に記載いたしましたが、5/27・5/28は「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」石川公演に参加しておりました。
両日参加ということで金沢のホテル泊だったわけですが、今回のホテルを決めるにあたり1つの条件を加えて探しておりました。

それは『デリバリー出来るホテル』。

いくつか候補はあったのですが今回はヴィ〇イン金沢を選択させて頂きました。

ライブ後は金沢市内の居酒屋で打ち上げ感想会をする予定だったので、移動やライブで疲れた中、そこそこのアルコールを摂取したらたぶん呼ぶことはないだろうなと思っていました。

予想通り、日付が変わる頃まで楽しく飲んで語ってホテルに戻ったわけなんですが、どうもムラムラ。前日に処理をしたはずなのに興奮して寝られない。
というわけで、持参したノートパソコンを開き、お気に入りに登録している成人向け動画サイトにアクセスしたのですが、いまいち自分でする気が起きない。

気分も良いし、いっその事呼んでみるかということで、値段も安いお店に電話をしてみたわけです。
繋がった電話先の男性は「3サイズは88・56・87、料金は60分7,500円」なんて流暢に続けております。
多少ルックスや身体のサイズが悪くても、しこたま酔ってるから大丈夫だろうなんて思いデリバリーをすることに。

20分後ホテルの下に女性が着きましたので、エレベーターで1階まで降りて迎えに来てくださいと電話で連絡が。


…と、ここまで書いておいてなんですが、これから田所あずさちゃんのコントライブ千秋楽に行かなきゃいけないので続きは後日。


5月は15回でした。

つぶやこうとして我慢した 2017/4/1~4/30

ずっと前からブックマークしたままになっていた、2016年夏に開催された小倉唯ちゃんのソロツアー「High-Touch☆Summer」に収録されている「Raise」を観てるんですが、AV以外の何物でもないです。ここ数日、素人個人撮影作品を中心に見ていた自分の心を改めたい。 4/8 22:39


カワウソになって小倉唯ちゃんと性行為したい。 4/12 00:50


田所あずさちゃんがヒロインで出演している「すかすか(終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?)」ですが、僕は週末というよりほぼ毎日しこしこです。 4/13 19:45


ライブやイベント後に出演者がアップした画像で致すまでがライブやイベントですが、先週末開催された中で最も欲情したのは高田憂希ちゃんのライブ衣装 ショートパンツverのツイッター画像です。ご馳走さまでした。 4/27 0:44

 

 

朝方まで飲んで次の日ほとんど使い物にならず、というような日を繰り返していたら、ゴールデンウィークが一瞬で終わってしまいました。

今月もアルコールと女性声優を摂取しながら、一瞬の快楽を求めた末に偏差値と体力を失う日々を過ごしていきたいと思います。

4月は20回でした。

つぶやこうとして我慢した 2017/3/1~3/31

南條愛乃ちゃんといちゃいちゃチュッチュする夢を見ました。なぜか僕が年下設定で甘えまくっていました。もう一度FCに入り直そうと思います。 3/9 9:39


SNSやブログに投稿された画像でひとり致すまでが4thLIVE「TH@NK YOU for SMILE!!」。 3/14 2:06

 

このところ、ろくでもないつぶやきを夜寝る前などに思いついても、メモをしないで結局次の日には忘れてしまうことが多いです。
つぶやく必要もない内容なので、自分の中で消化してしまっているんでしょうね。

3月も非常に少なく、ここを楽しみにしている数少ない方には非常に申し訳なく思っておりますので、出来るだけメモを残していこうと思います。


話は変わり、最近、電気を消してベッドに潜る時に、ころあずー!とかゆうちゃー!とかその日心の琴線に触れた女の子や致してしまった女の子の名前を叫びながら、枕に顔を埋めるのがマイブームです。
ストレス発散にもなりますので、皆様もぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

あっ、もうすでにやっている。そうですか。それはそれは気持ち悪い行為をしておりますね。世のため人のため今すぐ治した方がいいと思いますよ。

「私たちがミリオンスターズです!」DAY2~DAY3

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE!!」お疲れ様でした。三日間とも本当に素晴らしい公演で感謝しかありません。ありがサンキュー。


そんなDAY2~3ですが、DAY2で脳の80%をBlueMoon Theaterに支配され、DAY3で語彙力を完全に失いました。

最高とかそんな言葉ですら言い表せなくなり、最終的には何も言えないという状態に陥りました。

あまりにもエモーショナルな状態になると人間はこうなるんだなと勉強になりました。


それぞれ一曲ずつ振り返ると今日一日が終わりそうなので、個人的に一番印象的に残った曲をそれぞれ各日挙げたいと思います。


まずは、DAY2 BlueMoon Theaterですが、「星屑のシンフォニア」が良すぎて良すぎて、その日の記憶を全部無くすところでした。

始まる前からミルキーウェイ オリジナルメンバー4人(星井美希のみ除く)で歌ってくれたらなと望んでいましたが、いざその4人のシルエットが見えた時には、自然とステージに向かって両手を合わせて拝んでいました。

新しい信仰が生まれる時はこういう時なのかもしれません。
尊かった。神々しかった。ミルキーウェイ教に入信します。

あのパートの部分はこうで、あれでと振り返るのはBlu-rayが発売されてからにしようと思います。発売自体決まっていませんが。


それでは、DAY3 Starlight Theater。この日は「永遠の花」。
DAY2の影響で、DAY3の公演が始まっていても気持ちはどこか上の空で、公演に集中したいのに全く出来ない!どうしよう、なんだこれ!となっているところに、「永遠の花」で気持ちや想いごとDAY3に戻されました。

末柄里恵ちゃん(豊川風花役)の歌い出しでガツンと引き込まれました。

期待以上でした。これからも永遠に歌って欲しい。そんな1曲でした。
荘厳で凛とした曲だったな。しみじみ。
僕も次に生まれ変わる時があれば花になろう。

こちらもあのパートの部分はこうで、あれでと振り返るのはBlu-rayが発売されてからにしようと思います。発売自体決まっていませんが。コピーペースト。

 

「Flooding」「君との明日を願うから」「Thank You!(DAY3)」は評価対象外で。

こちらは別の思い入れが強すぎて公演内の楽曲として同様に扱うのは別かなと。サプライズ要素もありますし。

ゲッサン アイドルマスター ミリオンライブ!の一ファンとしてはオリジナルメンバーの歌う「君との明日を願うから」とか偏差値ストップ安です。3人とも楽しそうに歌っていて心で泣けた。


そんなサプライズに是非を問うている方がいらっしゃいますが、今回の武道館公演に関しては僕は肯定です。
武道館公演三日間を観て特にそう思いました。
元々公演毎に決まっていた出演者のパフォーマンスや想い、そしてコンセプトはサプライズ楽曲に上書きされることはありませんでした。

とはいえ、DAY3の「Thank You!」だけはあまりにも別モノ。
歌ってる途中、田所あずさちゃん(最上静香役)と雨宮天ちゃんの(北沢志保役)抱擁は数日経った今でも脳裏に焼き付いて離れません。

 

こう簡単に振り返っていても、本当にとても素敵な三日間だったなと深く思います。早くBlu-rayの発売が決定して欲しい。
この尺だと1公演2枚組かな?そうなると3公演だから6枚?さらに特典ディスクとしてもう1枚追加されて計7枚組?金額は?いや買う以外の選択肢はないんだけど…。
という感じで公演中、勝手に妄想していました。今から生活費としてBlu-ray代金を口座に残しておきます。


そんな武道館公演の感想を生で聞ける、今夜のTHE IDOLM@STER MillionRADIO「ミリラジ200回武道館感想スペシャル!」が楽しみで仕方がありません。

ですが、その時間は定期的に開催される自宅ワイン会で、3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!! LIVE Blu-ray 06&07@MAKUHARIの特典映像を観ているはずなので、タイムシフトを聞いて武道館公演を思い出し一人で頭を抱えようと思います。


また気分や筆が乗ったら、印象に残った曲や演者について書こうかなと思います。
田所あずさ(最上静香役)ちゃんについて、駒形友梨高山紗代子役)ちゃんの「vivid color」...etcに関しては、感想を形として残しておけたら自分用の備忘録になりますしね。

「私たちがミリオンスターズです!」DAY1

設定していたアラームより早く起きれられて、一足早く家事などやることを済ませたら思いの外に時間が出来たので、昨夜の「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 4thLIVE TH@NK YOU for SMILE!! DAY1 Sunshine Theater」を振り返ろうかなと思います。


まずは、昨夜の公演お疲れさまでした。そして武道館公演おめでとうございます。とても素敵な初日でした。

セットリストに合わせて1曲ずつ振り返ると公演時間に間に合わなくなってしまうので、気になったことや思うところを書いていこうかなと。

 

昨夜の公演、「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!!」の初参加者、角元明日香さん(島原エレナ役)、田村奈央さん(木下ひなた役)、中村温姫さん(ロコ役)、浜崎奈々さん(福田のり子役)、原嶋あかりさん(中谷育役)の上達ぶりには目を見張るものがありました。

各媒体やMCでも前回のライブを経験してそこからの向上心やリベンジを各々話していましたが、この日のために仕上げてきたなと感嘆しました。

1st、2nd 経験組の安定感とさらに洗練されたパフォーマンスは当然でしたが、個人的には好きなキャラクター(エミリー スチュアート役)の郁原ゆうちゃんがこの日一番記憶に残った演者でした。「微笑み日和」とても感動しました。

 

さて、次はサプライズゲストパート(以下 サプライズ)に関して書いていこうかなと。

THE IDOLM@STER THE@TER ACTIVITIES 01 収録の「創造は始まりの風を連れて」、THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 02 収録の「Growing Storm!」を当日の出演者リストにはないフルメンバーで披露しました。

「サプライズ最高だった!来てよかった!」
「シークレットは今日出演している方の記憶を薄くしてしまうから止めて欲しい!」
など、賛否両論の意見がある中で僕個人の意見を。

僕もサプライズはないに越したことはないと思っているんですが、やるからには意味があると思うわけです。

例外は置いておいて、基本的には公演日を決める前後で、演者のスケジュールを押さえると思うのですが、どうしても思った通りの演者を出演させることは出来ないと思うんです。予算の関係、演出の関係、演者の予定など理由はさまざまあると思います。

その中で、今回はSunshine TheaterというコンセプトでDAY1を設定しました。演者が先か、コンセプトが先かは分かりませんが、そういうもとでCDもリリースしたわけです。

「創造は始まりの風を連れて」が収録されているTHE IDOLM@STER THE@TER ACTIVITIES 01。01から03と3枚リリースされたTHE@TER ACTIVITIES(以下 TA)シリーズも例に漏れずリリースイベントが開催されたわけですが、TAリリースイベントに関しては映像収録がないと事前告知がありました。

つまり今回の武道館公演では、TAメンバーは全員揃って披露することはなく、公演毎にどうやって使うんだろうと様々な予想がありました。

僕は公演ごとにTAメンバーがいる曲をそれぞれ割り振って、5人編成で歌うのかなと思っていました。例えばTA03を初日、TA02を2日目、TA01を3日目にして、それぞれ出演者を割り振っていったり。

実際はTA01のフルメンバーでの「創造は始まりの風を連れて」ですから、これには驚きました。


やるからには意味があると思うんです。演出サイド、制作サイドの意図がそこにはあると思うんです。もしかしたら、全く意味もなくサプライズとして披露したということもあるかもしれませんが。

前述の通り、映像収録がなかったTAシリーズは、全員揃った姿を次に見られるのはいつなんだろうと少なからず思っていた中で、このような形でフルメンバーを大舞台で見れるのは本当に感謝でした。

ここまでの集大成と銘打っているわけですから、せっかくだから、ここでフルメンバーを見せておきたいという気持ちは分かります。

だからこそ、サプライズからの後半パートは衣装も変えたのかなとも思っています。

2日目、3日目でTA02と03をフルメンバーで見られるかもしれないと期待感は、当時イベントに参加出来なかった人への希望になりました。

運良く全てのTAイベントに参加出来た僕は、今回の完成度の高さに驚いていました。とてもかっこよかったです。別物でした。TA02、03もフルメンバーで見れるといいなと願っています。


「Growing Storm!」は若干やり過ぎ感を感じましたが、3rd幕張初日を見られなかった人にとってはとても嬉しかったと思いますし、この1曲のおかげで今回の武道館は何があるか分からないという期待感が高まりました。

公演前から、武道館公演はこうなんじゃないかなと各々予想をしていたと思うんですが、「Growing Storm!」をやることによって、あの曲やあの曲をもしかしたら全員揃えて歌うのではないか?という期待を各々が感じたのではないかと思います。

「Shooting Stars」からの「Flooding」熱望しております。本音。


たしかに、サプライズがあると公演自体が非常に盛り上がるのですが、どうしても初日に決まっていた出演者の記憶が薄くなってしまうのではと思う人も少なくはないはず。

僕も少なからずそうは思っていますが、個人的には今回のサプライズはおまけ感があって、当然サプライズには驚きましたが、全体としてはSunshine Rhythmの「太陽」をコンセプトに沿った素敵な公演だったなと思っています。
それにちょっとしたおまけとしてサプライズがあったぐらいだと思っています。

まあサプライズはサプライズ。本筋を楽しむことが大前提だと思う今回の武道館公演、今日の公演は「BlueMoon Theater」。
正直、出演者が発表された時点で一番楽しみにしておりました。

早く始まって欲しい気持ちもあれば、もうちょっとわくわくしながら待ちたかったという気持ちもあります。楽しみな公演はいつもこういう気持ちにさせてくれます。


初日を見ていて、今回の武道館公演は3日間合わせて一つの公演なのかなと感じております。


というわけで、こいつを投稿してそろそろ用意したいと思います。また本日。